カードローンの審査と信用情報機関の関係

カードローンの審査は、コンピューターによる自動審査なので、他のローンよりもスピーディーに行われ即日融資も可能になっています。審査基準は他のローンよりも緩くなっているのでパート、アルバイトでも借りれますし、専業主婦でも借りれるカードローンや学生や年金受給のみの人でも借りれるカードローンもあります。審査では、勤務先や勤続年数、勤務形態、住居や保険の種類、家族構成、年収などいろいろなことがチェックされますが、中でも今までのローンやクレジットの利用状況は審査の重要なポイントになっています。

 

ビル

現在の他社借り入れ件数や借入総額の残高は、自己申告になっていますが、銀行や消費者金融は、本当に申告された通りなのかを信用情報機関に問い合わせて確認することができます。信用情報機関にはJICCとCIC、全国銀行個人信用情報 センターがあります。それぞれの金融機関はこのいずれかあるいはすべての信用情報機関の会員になっています。それで、カードローンの申し込みがあると自分が会員になっている信用情報機関に申し込み者の信用情報を開示してもらって、借入残高や借り入れ件数を確認できます。また、それ以外のも、カードローンやクレジットへの申込みの記録や月々返済状況、延滞や債務整理の有無なども確認できます。

 

ただ、ちょっと不安になるのは専業主婦がカードローンで借り入れをする場合に、配偶者の信用情報もチェックされるのかということですね。基本的には本人の信用情報だけがチェックされますので、専業主婦がカードローンに申し込んでも配偶者の信用情報が確認されるということはありません。また、専業主婦がカードローンの返済を怠って延滞をした場合でも、配偶者の信用情報にそれが記載されることもありません。配偶者が自分の信用情報の開示を求めて確認したとしても妻の借入の事実や返済状況などはわかりませんので、専業主婦が内緒でカードローンで借りることも可能です。ただし、消費者金融のカードローンを利用する場合は、配偶者の同意書が必要になりますので内緒で借りることはできません。それで、専業主婦の方が内緒で借りたいなら、銀行のカードローンの中に専業主婦でも借りれるカードローンがあるので、そちらを利用してください。