カードローンの審査に通るのはどんな人?

誰かに借金を頼まれたら貸すか断るかをどのように判断しますか?その人と自分の関係、何のために使うお金なのか、自分に貸せるほどの余裕があるか、いろいろ考えると思います。でも、一番気になるのは貸したお金はちゃんと返してもらえるのかということですね。そうするとその人の人柄とか日ごろのお金の使い方が気になりますね。平気でうそをつく人とか浪費癖がある人ならお金を貸したいとは思いませんね。

 

カードローンを販売している金融機関もちゃんと返してくれそうな人にしかお金を貸してくれません。カードローンは来店不要で申し込みから契約までできるので、その人の人柄とか詳しいことはわかりませんが、申し込み書で申告された内容や、本人確認の電話をしたときの感じとか、信用情報機関に登録されている個人信用情報を確認することでその人の信用性や返済能力を確認することができます。

 

イケメンがご案内

返済能力があるかどうかの判断としては、その人の職業や勤務先がポイントになります。安定し継続した収入が見込める職種についていて安定した企業に長年勤務しているなら審査には有利になります。アルバイトやパートでも勤続年数が長ければ審査には通りやすくなります。いずれにしても、カードローンの審査に本人に収入があるということなのですが、ただ、自分に収入がなくても借り入れができる場合もあります。それは、専業主婦の場合です。自分には収入はないけれど配偶者に安定継続した収入がある専業主婦の場合はカードローンの申し込みができます。また、専業主婦も借りれる銀行カードローンなら本人確認書類だけで申し込んでお金を借りることができます。ちなみに専業主婦が消費者金融で借りる場合は、そのほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類が必要になります。

 

カードローンの審査に通るためには在籍確認が確実に取れるようにしておくことも必要です。正社員の派遣やアルバイトで働いて、自分がそこで働いているということが認識されていないと思う場合は、前もって在籍確認の電話があることを会社の人に伝えておいてくださいね。専業主婦も借りれるカードローンに専業主婦が申し込んだ場合は、在籍確認はありませんが、本人確認の電話がかかってくることがあります。でも、専業主婦の人で家族に内緒でカードローンに申し込んでいると家に電話がかかってくるのは困ると思うかもしれません。自宅に電話が来る場合も、金融機関は会社名を出さないで個人名でかけてくるので、内緒で申し込みをしたとしても家族にバレてしまうことはありません。ちなみに、専業主婦が消費者金融から借りる場合は、配偶者の同意書が必要なので内緒で借りることはできません。

 

金融機関がカードローンの申し込み者の返済能力や信用性を確認するもう一つの方法は信用情報機関の個人信用情報を確認することです。特にカードローンやクレジットを利用しているなら毎月きちんと返済しているか、延滞はないか、さらに債務整理の記録はないかということがチェックされます。今まできちんと支払いをしていて金融事故もなければ審査に通ってお金を借りれる可能性が高くなります。もし、金融事故があれば審査にはとおりません。

 

カードローンの審査に通るには信用性と返済能力があることが大切です。もし、今カードローンを利用しているなら、毎月きちんと返済して新たな借り入れに不利にならないようにしてくださいね。