専業主婦でも借りれる消費者金融のレディースローン

黄色のお財布と女性

専業主婦は自分に収入がないので日ごろから節約工夫して家計を切り盛りしていると思います。中にはお小遣い程度にネットで仕事をしたり、経験を生かして近所の子供たちにピアノのレッスンなどをしている専業主婦の方もいるかもしれません。それでも、子供の教育費が足りないとか、服を買いたいけど夫の収入だけでは足りないという場合、カードローンを利用したいともうかもしれません。

 

専業主婦も借りれるカードローンの中には三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行などの銀行カードローンがあります。銀行カードローンは専業主婦も本人確認書類だけで借りれるのでご主人にも内緒で借りれるというメリットがあります。金利も低いので返済負担も軽減できます。ただ、審査が厳しいので審査に自信がないという専業主婦の方は消費者金融から借りたいと思うかもしれませんね。残念ながら専業主婦でも借りれる信頼できる消費者金融はそれほど多くありません。大手消費者金融は専業主婦には融資をしていないようです。というのは、専業主婦に融資する場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出を求めなければならないからです。そうすると事務処理にも余分のコストがかかりますので、採算が合わないということで専業主婦には貸さないことにしているようです。それで、専業主婦でも借りれる消費者金融を探すには中小規模の消費者金融を当たってみる必要があります。ただ、中小規模の消費者金融の中には借り入れが難しくなっている専業主婦を狙った闇金もあるので消費者金融の選択は慎重にする必要があります。

 

専業主婦でも借りれるレディースローンには、ベルーナノーティスがあります。金利は8.0%〜18.0%で1万円〜100万円まで借りることができます。初めて借りる場合は50万円までです。会員になった後は、全国の提携金融機関と提携コンビニのATMで借り入れることができます。また、インターネットや電話で振込みキャッシングの依頼もできます。もう一つ専業主婦でも申し込みができるレディースローンはレディースローンなでしこで金利は15.0%?20.0%融資金額1万〜50万円です。申し込みはインターネット、郵便、ファックス、来店、電話でできます。そのほかには、レディースフタバも専業主婦でも借りれるレディースローンです。

 

どのレディースローンを選ぶにしても専業主婦が買い入れをする場合の提出書類は本人確認書類と配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類です。これらの書類が必要ないという貸金業者はヤミ金ですので、借入は絶対にしないでください。この提出書類を見ればわかる通り、消費者金融で専業主婦が借りる場合は、ご主人に内緒でお金を借りることはできません。内緒で借りたい場合は銀行カードローンを選択することになります。銀行カードローンなら本人確認書類だけで専業主婦でも借りれることになっているので内緒で申し込み契約ができます。

 

このような制限があるので、内緒で借りたいと考えている専業主婦がヤミ金から借り入れをしてしまうこともあります。配偶者の同意書がなくても借りれるといわれても、そういうことはあり得ませんので、騙されないようにしてくださいね。