借入の前にチェック〜カードローンの申し込み条件

イケメン

今は銀行や信用金庫でも個人向けのカードローンを販売するのが普通になっていますね。消費者金融なら即日融資や無利息期間のある商品などサービスも充実したカードローンがたくさんあります。たくさんあるカードローンからそれを選べばいいかと迷ってしまいますが、まず選ぶ前に申し込み条件というのを必ず確認してください。

 

申し込み条件で共通しているのは20歳以上という年齢制限です。年齢の上限は70歳以下、65歳未満、60歳以下と様々です。また、本人に安定継続した収入があるというのも必ず条件委は言っています。ただ、例外もあり、本人に収入がない専業主婦でも借りれるカードローンがります。この場合は配偶者に安定継続した収入があれば申し込みができることになっています。また、専業主婦の申し込条件としては、銀行のカードローンの場合は有効な本人確認書類が提出できること、消費者金融の場合は、本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出ができるという条件もあります。ですから、銀行カードローンが配偶者に内緒で専業主婦でも借りれるのに対し、消費者金融からは配偶者に内緒で借り入れることができません。ご主人に内緒で勝手に同意書に記入して申し込み契約をして発覚した場合、私文書偽造で訴えられることもありますので、専業主婦が消費者金融から借りる場合はご主人に内緒にしないで必ず事前に相談してください。また、専業主婦でも借りれる消費者金融のカードローンの申込みをする場合は借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になることもあります。ですのでやはり内緒で借入はできません。

 

申し込み条件の中には勤務形態も含まれています。金利が低く審査が厳しいカードローンは正社員でないと申し込めない場合もあります。でも、多くの場合は派遣社員、契約社員、アルバイト、パートでも申し込めるようになっています。また、学生が借りれる場合と借りれない場合もあります。年金受給者なら年金受給のみでも申し込める場合と、年金以外の収入もないと申しこめない場合があります。それから主婦も申し込めるとなっていても専業主婦は含まれていないことが多いのでその点も確認してください。カードローン申し込み条件には年収の制限はありませんが、有利な条件で借りれる一部のカードローンには年収も条件に入っている場合もあります。

 

申し込み条件に適っていなければ、審査に通らず、無駄に自分の信用情報に不利な記録を残すことになりますので、申し込み条件は事前にきちんと確認してくださいね。